コーヒーとはちみつと私

コーヒーとはちみつが大好きです!普段、私がコーヒーとはちみつをどんなふうに楽しんでいるかご紹介させて頂きます。

【ニュージーランドのコーヒー文化を楽しもう】オールプレス(清澄白河)でいただく”フラットホワイト”

日本のコーヒー文化も、世界から見ると独特なものが多いです。海外からみると「アイスコーヒー」のようにコーヒーを冷たくして飲むなんてあり得ないと思われるようです。

 

最近ではスーパーのコーヒーコーナーでも、棚をかなりとっているドリップバッグなどと呼ばれる簡易抽出タイプのコーヒーも海外の人は驚かれると思います。

f:id:akatra164:20180108023055g:plain

海外からみると日本のコーヒー文化も面白いですが、ニュージーランドのコーヒー文化も独自なものが多く面白いです。

 

ニュージーランドのコーヒー文化

フラットホワイト

ニュージーランドのコーヒーの代表格とも言えるのがこのフラットホワイトです。フラットホワイトはラテに似ており、エスプレッソにスチームしたホットミルクを加えたものです。ただし、普通のラテに比べるとミルクの量が少なくてエスプレッソの量が多いので濃い味になります。ニュージーランドだけでなくオーストラリアでも人気なドリンクです。

 

ロング・ブラック

ロングブラックはダブルショットエスプレッソを注いだものに、それと同量〜2倍くらいのお湯を入れて薄めたものになります。エスプレッソをお湯で薄めたものにアメリカーノというドリンクがありますが、アメリカーノよりも濃い味になります。

日本でいうところのブレンドコーヒーのようなノリで飲まれることが多く、エスプレッソ単品では濃すぎて飲めないという人がロング・ブラックを注文することが多いようです。

 

ショート・ブラック

ロング・ブラックの対比のような名前をしているのが、このショート・ブラックです。その名前の通り、”ショート”なので、ロング・ブラックに比べて量が少ないです。ショート・ブラックはいわゆるエスプレッソのことであり、エスプレッソを抽出したらお湯で薄めずに作ります。そのまま飲む人は少なく、砂糖をたっぷり入れて飲む人が多いようです。

 

子供にはフラフィーが人気

ニュージランドのカフェは日本と同様にいろんな用途で使われます。友達と雑談をする場所として使われることもありますし、ビジネスの交渉場所として使われることもありますし、子連れのファミリーが休憩するために使われることもあります。

そんな家族連れの人たちがカフェに来た際に問題になるのは、子供に何を飲ませるかです。当然エスプレッソを子供に飲ませるわけにはいきませんし、オレンジジュースなどはわざわざカフェで飲ませるほどのものではないと感じてしまいます。

 

hackcoffeebeans.com

”ホワイト”とか”ブラック”とか。ニュージーランドが誇る世界最強のラグビーチームも「オールブラックス」ですのでニュージーランドの人は色を大切にする文化があるのかもしれませんね。

 

フラットホワイトは見た目は、ほぼカフェ・ラテと区別がつきません。カフェ・ラテよりコーヒー感が強いです。これを本格的に楽しめるのが清澄白河にあるオールプレスです。オールプレスではニュージーランドの本格的なコーヒーが楽しめます。

 

ブルーボトルコーヒーの1号店が出店したエリアで、今では東京を代表するくらいカフェの多いエリアですね。

f:id:akatra164:20180108024544j:plain

落ち着いた外観の店舗です。

f:id:akatra164:20180108024608j:plain

見事なリーフですね。フラットホワイトをいただきました。

 

味はもちろん美味しいです!

カフェで海外の文化を色々と楽しんでみるのもいいですよね。

 

オールプレスに関しては、すごく詳しく書かれている記事がありますのでリンクを貼っておきます。

allsync.jp

 最後まで、読んでいただきありがとうございました。