コーヒーとはちみつと私

【コーヒー&はちみつペアリング研究家】普段、私がコーヒーとはちみつをどんなふうに楽しんでいるかご紹介させて頂きます。

【成人の日に、こんなコーヒーを飲んでみたいな】数年後の私の夢(妄想)です

今日は「成人の日」ですね。成人を迎えられた方おめでとうございます!

 

私は成人式に出席しませんでした。引っ越していたこともあり、出席しても誰も知り合いがいないので出たくなかったです。両親が「一生に一度のことだから成人式に行ってこい」とあまりにもしつこく言うので会場に行って粗品を引き換え、そのまま喫茶店に直行。適当に時間を潰し出席したふりをして家に帰りました。

f:id:akatra164:20180108014403j:plain

成人式の会場で、みんな懐かしがって楽しそうに会話している中自分だけ「ひとりぼっち」という状況にその当時は耐えられなかったです。今なら全然平気なんですけどね。

ただ、

この歳になって思うのは、やはり一生に一度のこと。親の言うことに従って出席しておけばよかったなと少し後悔しています。

 

言葉や態度で示すことは恥ずかしくて出来ませんでしたが、この時両親にここまで育ててくれたことに感謝したのは覚えています。

 

数年後、自分の子供が成人になります。娘は今から成人式なんか出たくないと言っています。自分も出なかったので偉そうに言えないですが、親心としては出席して欲しいです。

 

そして、子供たちが成人を迎えて私と同じように親に感謝するなら、その時は恥ずかしがることなく、しっかり態度で示して欲しいです(笑)

 

ほぼ妄想になっていますが、態度で示してくれるなら特別なコーヒーを飲ませて欲しいです。

 

せっかくなので成人式らしい”和”っぽいものがいいです。普段、飲んでみたいなと思うちょっといいコーヒーというのは買えるのですが、なかなか”ちょっといい”消耗品は買えないです。

 

記念になるような”ちょっといい”ペーパーで抽出したコーヒーが飲んでみたいです。それが「立花」(たちばな)です。

 

立花とは

立花に出会ったのは昨年のSCAJ(コーヒーのイベント)です。

 

f:id:akatra164:20180108015015j:plain

「折る」という日本文化と、新しい技術を取り入れ、地元の気候風土にこだわり、その地名から名付けた、現代に復刻した珈琲フィルターです。

その紙は、原材料である植物の楮、トロロアオイともに、岐阜県美濃市立花産。
紙を漉く地下水はもちろんのこと、立花の気候風土で
つくりあげた極薄の紙を、手で折って仕上げます。

森林伐採や、膨大なエネルギーと薬品、環境負荷の代償に作られる現代の紙とは、大きく違います。
紙を強化する薬品は不使用です。
手漉き和紙を作る現場では、今も多く使われているクレゾール、ホルマリン等の保存殺菌剤も不使用です。
天然繊維のみを丁寧に結合させ、漉きあげています。

淹れる人、嗜む人、地球の環境。すべてに優しい紙。

珈琲フィルター「立花」 – Corsoyard

立花の特徴

f:id:akatra164:20180108015317j:plain

豆の旨味や油分を吸収することなくドリップするためカップにはわずかな微粒が現れますが、 雑味の少ない深くまろやかな味わいとなります。

取り扱いはとても繊細です。淹れ方によっては破れてしまいます。

「立花」のコンセプトや、味に共感いただけるお客さまは、折り方やドリップを極めていただけると幸いです。 使用後は、豆と共に土に埋めると自然に返ります。

まず初めての方は、破らないためにも下写真のような 極粗挽き で淹れることをおすすめします。ただし、粗挽きだと旨味が出てこない豆もありますので、豆の選定も重要です。深煎りの豆が適していますが焙煎屋さんなどで、粗挽きで美味しく抽出できる豆の相談をしてみるのも良いかもしれません。

tedetsukuru.com

細挽きだと破れる可能性が高いので深煎りの粗挽きを勧められています。マンデリンなんかピッタリじゃないでしょうか。

写真を見ていただくとわかると思いますが、なんとも雅な趣がありますよね!

 

晴れ着姿の娘や息子を前に、こんな素敵なペーパーでマンデリンG1を丁寧にドリップしみんなで飲む。マンデリンの苦味に、子供たちが成人を迎えるまでにあった思い出を重ねて味わう。

 

コーヒー好きにとっては、たまらない子供の成人式の思い出となるんではないでしょうか。

 

実現の可能性は限りなく低いですが^^;)

 

妄想に最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。