コーヒーとはちみつと私

コーヒーとはちみつが大好きです!普段、私がコーヒーとはちみつをどんなふうに楽しんでいるかご紹介させて頂きます。

【秘密兵器を購入】手挽きミルの最高峰、コマンダンテを買っちゃいました!

コマンダンテ・・・

 

最初、その存在を知った時は単なる憧れでした。

以前、手挽きミルを買った時(もっと安価なものです)は面倒くさくなりすぐに使うのをやめてしまいました。

 

今年のSCAJ(コーヒーのイベント)で、ボンタイン珈琲さんのブースでコマンダンテを実際に使わせていただいた時、豆を挽くときの軽さに驚きました。その瞬間「憧れ」から「欲しい物」に変わりました。

 

ただ、結構金額が張るのでなかなか手が出なかったです。が、来年は少人数でのワークショップの開催を増やしたいなと思い、その時に使おうと思い買ってしまいました。

 

コマンダンテとは

f:id:akatra164:20171224160147j:plain

 コマンダンテは今最も世界中で話題になっている最高峰のハンドグラインダーです。NITRO BLADE® PAT.(ニトロブレード)と呼ばれるステンレス鋼素材と回転軸にベアリングを採用しており、コーヒー豆を入れてから、ハンドルを回す時に必要な力を最小限に抑える事と軸ぶれせずに安定した粒度を保ってくれます。コーヒーの抽出に大きく影響する粒度をここまで均一にできるハンドグラインダーは、他にありません。

27coffee.jp

このコマンダンテの一番の魅力は粒度分布です。コーヒー豆を挽いた時の粉の粒度が、他のミルに比べ狭い範囲で安定しています。と言うことは微粉が少ないということです。

 

コーヒーを挽いたときに出る微粉は雑味の原因となります。その微粉が少ないなら、雑味の少ないコーヒーを抽出することが出来ます。

 かなり大きな箱に入って届きました。

 粉受けは2個付いているので、1個をキャニスターとして使うことも出来ます。

取扱説明書は付いていますが、全て英語で書かれているので全く読めません(^^; 

 

真ん中部分の黒い部分を回して粒度調整が出来ます。最初、クルクル回していたのですが丸いデコボコがある部分を反対の手でしっかり押さえて回さないと空回りするので粒度は変わらないです。

 

取り敢えず挽いてみたら、かなり細かかったのでその後調整しました。挽いたコーヒーは、もったいないのでちゃんと飲みました。

 

コマンダンテは一度に挽くことが出来るコーヒー豆の量は約40gです。この量、8人くらいのワークショップで抽出しコーヒーを2~3種類飲んでもらうのにちょうどいいかなと思います。

 

ただ、挽くのが軽いといっても40g挽くのにはそこそこ時間がかかります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

COMANDANTE コマンダンテ コーヒーグラインダー ウェンジ Art.Nr.1920
価格:32400円(税込、送料無料) (2017/12/24時点)


 

 

これで、最高のコーヒーライフを楽しんでみたいです!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。