コーヒーとはちみつと私

【コーヒー&はちみつペアリング研究家】普段、私がコーヒーとはちみつをどんなふうに楽しんでいるかご紹介させて頂きます。

【静岡県沼津市の自家焙煎花野子(かのこ)】カフェバッハで修行された方がオーナーです

先日、出張で静岡県沼津市に行きました。久しぶりに沼津港に足を伸ばせる時間があったので有名店「魚河岸 丸天」さんでご飯を食べました。

 

丸天さんと言ったら、やっぱりかき揚げは外せませんね。ビジュアル最高です。

 

そして海鮮丼^^

この後、初めてお会いするお客様と会いました。その方、東京に住んでた時によく通っていたのが台東区南千住にある「カフェバッハ」だそうです。コーヒー界の神と呼ばれる田口護氏のお店です。

 

私は、まだカフェバッハさんに行ったことがないのでその当時のお話を色々聞かせて頂きました。

..:: Cafe Bach ::.. カフェ・バッハ 自家焙煎珈琲

 

今は、全然違う業界で働かれている方ですがバッハさんに憧れいずれ自分でカフェを出店することが夢だそうです。

私も「カフェバッハ」さんに行きたいですと伝えると「そういえば、沼津にカフェバッハさんで修行された方のお店があるよ」と教えていただきました。

 

それが「花野子(かのこ)」さんです。

 

静岡県沼津市の自家焙煎花野子(かのこ)】

日本の焙煎技術第一人者「田口護」氏の下で修業し2001年暮れに晴れてオープンしました。
自家焙煎の強みを活かして生豆の時と焙煎後の2回の手作業で豆を選別し、最高品質のコーヒーを丁寧にいれています。
花野子に入ると、マスターとコーヒーの話や世間話をしながらコーヒーを楽しめる空間(コーヒーを淹れるところや焙煎機もみれます)と、廊下の奥には一人でゆっくり本を読みたい人にお勧めのカウンターや、団体様も入れる大きめのテーブル席やソファ席もございます。
その日の気分でどちらの空間で過ごすのかを選ぶのも楽しいと思います。

cafe-kanoko.com

 

 

店のオープン前に着いて少し待ち入店しました。奥行きのある店内は、奥に行くと非常に落ち着きのある空間です。

 

廊下には、こんな感じにハロウィンを演出されています。こういう季節感を出すこと、私は大好きです。

 

運ばれたお水のコースターもハロウィン仕様です。

 

コーヒーメニュー、かなり豊富です。迷った挙句、注文したのが「コスタリカ・グレースハニー」です。

特徴として書かれているコメントです。

「果肉についた甘い粘液質を残したまま乾燥させるハニー製法。柑橘系の香りをもち優しく残る甘味が特徴のコーヒー。」とあります。

 

まず香りを嗅いでみると青りんごを思わせるような甘酸っぱい香りがします。そして飲んでみると中煎りのコスタリカの割に、酸味が控えめです。香りからも、もう少し酸味があるかなと思ったのですが意外でした。

 

苦味と甘味がいいバランスを保っています。温度が下がるにつれて甘味が増してきます。落ち着ける空間で、少しの間でも何もかも忘れ美味しいコーヒーを飲む時間ってたまには必要だと思います。

 

飲み終えると、カップの底にコーヒー豆の絵柄が。こうした、ちょっとしたところも嬉しいですね。

 

沼津に行った時は、また寄ってみたいです。そしてカフェバッハにも、さらに行きたくなりました。

 

<カフェ花野子>

営業時間 AM 10:00 ~ PM 8:00
定休日 無休
席数 30席
TEL / FAX 055-969-2830 / 055-969-2831
所在地 〒410-0875 静岡県沼津市今沢383-1
駐車場 5台(+複数台のご用意も可能です)

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。