コーヒーとはちみつと私

コーヒーとはちみつが大好きです!普段、私がコーヒーとはちみつをどんなふうに楽しんでいるかご紹介させて頂きます。

【シリコンバレー式 バター入りコーヒー】抵抗ありましたが飲んでみました

全米でベストセラーになっている「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」にはIT起業家のデイブ・アスプリーさんが15年間で30万ドルもの私財を投じ、世界中のダイエット法を自分の体で検証した結果が集約されています。

 

その結果が朝食に「バター入りのコーヒー」を飲むことです。

f:id:akatra164:20170717121447j:plain

既に日本でも話題になっておりSNSでもバター入りコーヒーでダイエットしていますと見かけたりします。デイブさん自身はバター入りコーヒーで50kgの減量とIQ20ポイントのアップを達成したそうです。

 

この「バター入りコーヒー」どんなものなのでしょう?

 

バター入りコーヒーとは

 なぜ、バター入りコーヒーなのか。そこには、デイヴさんが重視している短期間の「断食」が関連している。 著書の中でデイヴさんは、「短期間の断食には代謝を上げたり、集中力を増すなどのメリットがある」と紹介している。とはいえ、例えば、朝食を抜いて昼過ぎまで食事をとらないとなると、空腹で午前中のパフォーマンスが下がってしまう。そこでデイヴさんは「朝食にバター入りのコーヒーを飲む」という方法を考案した。

 

「『からだに悪いコーヒー』が『飲むべきくすり』」にでも紹介したように、コーヒーにさまざまな健康効果があるのは、今や常識になりつつある。ここにバターやココナッツオイルを入れることで“良質な脂肪”を摂取する。良質な脂肪をとっていると、空腹感が起きにくく、断食の状態が続くという効果が得られるわけだ。

style.nikkei.com

 

また、この中でデイブさんは最強のバター入りコーヒーはバターはグラスフェッド(牧草飼育)の牛のバターだと述べられています。

「最強のコーヒー」にする秘訣は、グラスフェッド(牧草飼育)牛の無塩バターを使うことだという結論にたどり着いた。グラスフェッドバターは、穀物により飼育された牛と比べて良質の油であるオメガ3脂肪酸が豊富、さらにカロテノイドなどの脂溶性成分が豊富だという。このバターに、MCTオイル(ココナッツから抽出した中鎖脂肪酸オイル)、コーヒーを合わせてミキサーでかき混ぜると、「完全無欠コーヒー」の出来上がりだ。

 

バター入りコーヒーは、なぜいいのか?

まず、コーヒーは、まさに健康と長寿を実現するスーパーフードであることが数々の研究報告によって明らかになっています。カフェインが脳内の炎症を防ぎ、認知機能の衰えを軽減します。セロトニンドーパミンといった脳内神経伝達物質の活性を高めることによって気分が良くなりますが、いい気分が長続きする要因として、コーヒーの持つ抗酸化性や抗炎症性が関連していると考えられています。

 

 加えて、腸内環境の改善効果も期待できます。良質の脂肪を混ぜることにより、腸内にいる“痩せ型腸内細菌”にえさをあげることができるのです。MCTオイルに含まれる脂肪酸のカプリル酸は、空腹時に摂取することによって脂肪を貯蔵しようとする腸内細菌の働きを妨げます。

 コーヒーに含まれるポリフェノールも、痩せている人に多いバクテロイデスという腸内細菌のえさとなります。腸内細菌の変化については、僕自身の腸の分析結果と、完全無欠ダイエット実践者から報告された検便結果からも確信を持っています。

 

また、バターにも、腸内環境を改善し腸の炎症を抑える短鎖脂肪酸の一種、酪酸が含まれており、腸を整えてくれます。僕がお薦めするグラスフェッドの牛由来のバターは黄色みを帯びているのが特徴ですが、大さじ1杯に500IUのビタミンA、人参より多いカロテン、多量のビタミンK2、Dといった脂溶性のビタミンが含まれています。

 バター入りコーヒーを作る際にとても重要なのが、ただスプーンでかき混ぜるのではなく、ミキサーなどで溶かし合わせることです。というのも、オイルやバターとコーヒーを溶かし合わせると“ミセル”という腸管から吸収されやすい状態となり、脂肪がエネルギーとして使われやすくなるのです。

バター入りコーヒーの作り方

良質の豆でいれたアツアツのコーヒー2杯に対して、良質の無塩バター大さじ1~2杯(空腹感により調整)、MCTオイル大さじ1~2杯(空腹感により調整)を入れる。これらをあわせてミキサーやブレンダーで、クリーミーになるまでかき混ぜる

脂肪がエネルギーとして使われやすくなる「ミセル」という状態を作るためにミキサーでかき混ぜます。

 

バター入りコーヒー、飲んでみました

バター入りコーヒーが、こんなにいいというのを読んでも正直あまり飲みたくないなと思います(笑)

 

が、飲まず嫌いもどうかと思うので飲んでみました。

ただ、我が家にはミキサーがないのでスプーンでかき混ぜ溶かしました。

バターをマグカップに入れ・・・

 

コーヒーを注ぎ・・・

 

混ぜ混ぜして完成!

簡単ですね。

 

コーヒーは、少し深煎りの方が合うかなと思いやや深煎りのボリビアのコーヒーにしました。

 

カップに口を近づけると、バターの香りがします。飲んでみると、思っていたよりは飲めます。冷めるとキツそうなので、温かいうちに一気に飲みました。

 

深煎りのコーヒーにしたのは大正解だと思いました。浅煎りで酸味がたっているコーヒーだと厳しいかなと思いました。

 

50kgのダイエットに成功した!IQが20ポイント上がった!

 

それと、このバター入りコーヒーを毎日飲むことを天秤にかけると・・・・・・

 

私は、今後飲むことはないかなという結論に達しました。

 

コーヒーとバターを同時に摂るなら、普通にブラックコーヒーを飲み、トーストにバターを塗って食べればいいじゃん!!

その方が絶対美味しいですよね。

 

そう思った私は、痩せることが出来ないのかな(笑)

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。