コーヒーとはちみつと私

コーヒーとはちみつが大好きです!普段、私がコーヒーとはちみつをどんなふうに楽しんでいるかご紹介させて頂きます。

【至高のカフェオレアイスクリーム】酪王乳業のカフェオレアイスクリーム

出張で福島県に来ています。猪苗代の方を車で走っていると新しそうな道の駅を発見。「道の駅 猪苗代」です。そのまんまですね。

道の駅猪苗代

 

福島のお土産が、ずらっと並んでいます。

地元の人っぽいおっちゃんにオススメありますかと聞いたら、ここのどら焼きは人気あるぞとのことで探しました。

冷蔵ケースに並んでいるのを発見!抹茶クリームと生クリームの2種類ありました。抹茶クリームが残り1個だったので抹茶クリームをゲット!

 

すぐ横にあったアイスクリームのケースを見ると「カフェオレアイスクリーム」の文字が。これもゲットして早速頂きます。

元々、酪王乳業さんの商品にあった「カフェオレ」をベースに作ったアイスクリームのようです。

どら焼きは、一口食べると粒あんが出てきます。おっちゃんの言っていた通リ美味しいです。

乳脂肪が「14.0%」というのに惹かれます。

 

食べる前、牛乳屋さんが作ったアイスクリームなので、牛乳を活かすためにコーヒー感は弱いのかなと思いました。

 

フタを取ってみると色もちょっと薄いですね。

 

では、頂いていみます。

 

この色からは想像出来ないくらいコーヒーの味がしっかりしています!紛れもなくカフェオレです。アイスクリームの乳脂肪も高いのでコクもしっかりあります。コーヒーと牛乳が、どちらも力強く共存している感じです。

 

これを検索してみると、年明けに全国ネットのテレビで取り上げられてから、しばらく商品の供給が追いついていなかったようです。

また、元になっている酪王乳業さんのカフェオレは、福島の人にとってはあって当たり前くらいの定番商品のようです。そのカフェオレがアイスクリームになったということで地元でも話題になっているようです。

 

酪王カフェオレアイスに興味を持った方も多いと思うんですが、もし酪王カフェオレを飲んだことがないのであれば、先に酪王カフェオレも飲んでおいた方が、アイスも楽しめるんじゃないかと思います。

酪王カフェオレアイスはあくまで派生商品であり、その元となったのが酪王カフェオレですからね。

kametec.info

 

www.rakuou-milk.co.jp

こちらの道の駅猪苗代では税抜き¥300で販売されていました。120mlというサイズからすると高級アイスクリームですが、乳脂肪14%と聞き納得の価格です。それに食べてみると価格以上の価値を感じられる商品だと思います。

 

どこで買えるか?

福島県と周辺のスーパーや高速道路のサービスエリア。道の駅などで主に売られているようです。

 

東京ですと福島のアンテナショップで販売されているそうです。

福島県八重洲観光交流会館

 〒104-0028
東京都中央区八重洲2-6-21
三徳八重洲ビル 1F

TEL. 03-3275-0855

年中無休

営業時間 11:00~19:00

福島県八重洲観光交流館 ~ふくしまの新鮮な観光情報と美味しい産品をお届けいたします。~

  

 

日本橋ふくしま館 -MIDETTE-

〒103-0022  東京都中央区日本橋室町4-3-16 柳屋太洋ビル1階
・JR「新日本橋駅」より徒歩1分
東京メトロ三越前駅」より徒歩3分
・JR「神田駅」から徒歩5分
営業時間 / 平日11:00~20:00 土日祝日11:00~18:00

TEL:03-6262-3977

midette.com

 

 

調べてみましたが、カフェオレアイスクリームの通信販売は残念ながらされていないようです。ですが、ベースとなっている酪王乳業さんのカフェオレは通信販売で購入出来ます。

rakuou.shop21.makeshop.jp

 

福島に行くことがあったら、ぜひ地元のスーパーなどで見つけたら食べて下さい!

 

そして、福島県内のヨークベニマルさんに行ったら売っていましたので酪王カフェオレも飲んでみました!

f:id:akatra164:20170614174120j:image

 

f:id:akatra164:20170614174136j:image

色もよく似ていました。そして、味もそっくりです!よくここまで、アイスクリームにして再現出来たなと思います。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。