読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒーとはちみつと私

コーヒーとはちみつが大好きです!普段、私がコーヒーとはちみつをどんなふうに楽しんでいるかご紹介させて頂きます。

【浄水器 vs 浄軟水器】コーヒーがうまいのは、どっち?

コーヒー コーヒー×○○

f:id:akatra164:20170416220919j:plain

日本に住んでいて良かったなと思うことの一つに、水道の蛇口をひねったらそのまま水が飲めるということがあります。住んでいる地域に若干差はあれ、飲んでお腹を壊すということはまずないですよね。

 

コーヒーの味は、当然コーヒー豆で大きく左右されます。しかし、実際に口に入れる液体の99%以上は”水”ですよね。コーヒーに水は大事です。

 

たまに、問い合わせをいただくことがあります。

「先日、家族で旅行に行ってそこの旅館で飲んだコーヒーがすごく美味しかったです。旅館の方にどちらのコーヒーかお聞きして連絡させていただきました。同じコーヒーが欲しいのですが。」

 

ほんと、嬉しいです。こういった時「ありがとうございます。では早速、商品をお送りいたします。」と何の説明もせず送ると同じコーヒーを送っても、その方はがっかりされる可能性が非常に高いです。

 

まず、その宿泊した旅館とその人とでコーヒーの抽出器具が同じではない可能性が圧倒的に高いです。そして、使用する「水」が違います。

 

さらに言えば、家族で旅行に行き非日常の空間で飲むコーヒーはそれだけで何割増しかで美味しく感じることも考えられます。

 

水の硬度(硬さ)によるコーヒーの味の違いのお話です。

 

硬水と軟水

 コーヒーはミネラルウォーターでいれるのが最も美味しいと思っている人は多いのではないだろうか。一般的にミネラルウォーターは水の中に溶け込んでいるミネラル分のうち、カルシウムイオンとマグネシウムイオンを炭酸カルシウムに換算したものの量(硬度)を目安に、軟水・硬水に分けられる。軟水と硬水を分ける基準は世界各国で異なるが、日本では水1リットル当たりの炭酸カルシウム含有量が100mg以下を「軟水」それ以上を「硬水」という。
水に含まれるミネラル分はコーヒーの成分と反応しやすい。カルシウムは苦みを抑え、マグネシウムは渋みを感じやすくするので、これらを多く含む「硬水」でコーヒーをいれた場合は酸味を感じにくくなる傾向がある。反対にミネラル分の含有量が少ない「軟水」は味にも影響が少なく、コーヒー本来の持つ味が出やすくなる。そのため、一般的には軟水がよいといわれるのだ。
このようにそれぞれの水で味覚への影響が異なるため、その違いを理解して好みで使い分けることをおすすめする。

www.ucc.co.jp

 

水1Lに含まれるカルシウムとマグネシウムの量が多ければ硬水。少なければ軟水です。日本は一部地域を除き軟水です。

 

一般的には、コーヒーは軟水で抽出したほうがコーヒー本来の味がしっかり抽出されると言われています。あとは飲んだ人の好みかと思います。このコーヒーの酸味がちょっと苦手!というコーヒーが家にあったら、それは硬水で抽出したら酸味が感じにくくなって飲みやすくなるかもしれませんね。

 

市販で一番硬度が高いのはコントレックスじゃないかと思います。日本に初めて入って来た時は、めちゃくちゃ高かったですが最近は買い求めやすい価格になっています。

 

硬水はミネラル分が多いので、普段飲めばデトックス効果も期待出来ますね。

コントレックスの効果を一番実感できるのは、やはり便秘症の方ではないでしょうか。
硬水に多く含まれるマグネシウムは、腸により多くの水分を集める働きをするので、スムーズなお通じを助けてくれるのです。
さらに代謝もアップさせるので、利尿作用を促進し、むくみを解消してくれるなどの効果もあります。
マグネシウムの含有量の高いコントレックスでしたら、より効率的なデトックスが期待できるでしょう。

 

dietizm.com

ポッカサッポロ Contrex (コントレックス) 1.5L×12本 [正規輸入品]

ポッカサッポロ Contrex (コントレックス) 1.5L×12本 [正規輸入品]

 

 

浄水器と浄軟水器

日本の水道水は、ほぼ軟水ですが地域によって硬度に差があります。

浄水器は、水道水のカルキなどの不純物を取り除いてくれます。浄軟水器は、さらに軟水にしてくれます。

 

浄水器メーカーの方が、先日①浄軟水器を通した水で淹れたコーヒーと②浄水器を通した水で淹れたコーヒーの飲み比べをさせてくれました。

 

ブラインドで飲ませていただきましたが、その差は歴然でした。日本の水道水だから、さらに軟らかくなったと言ってもそんなに差はないかなと思っていたのですが想像以上に差がありました。

 

予備知識として、軟らかい水のほうがコーヒー本来の特徴がしっかり出ることはわかっていたので、酸味や苦味や甘みがよりしっかり感じたほうが浄軟水器を通した方と答えて正解でした。

 

ただ、浄水器を通しただけのコーヒーの方が”美味しい”と言っている方も多かったです。こちらの方がサラッとした口当たりでした。

 

f:id:akatra164:20170416230155j:plain

浄水器メーカーの方は、渋みも浄軟水器を通した方がなくなりますと言っていましたが今回、飲んだものは逆じゃないかと思いました。

 

日本は、ほとんどの地域で軟水なら浄軟水器なんて必要なの?と思われる方も多いかもしれません。ただ、日本全国同じ硬度ではありません。

 

全国にチェーン展開しているカフェなどで、日本全国どこの店舗で飲んでも同じ味のものが飲めるようにしたいというところは、こういった浄軟水器を導入します。

 

それは、美味しい不味いでなく「味の均一性」のためです。

 

こればっかりは、好みですが私はやっぱりそのコーヒーの持つ個性がよりしっかり感じられる「軟水」の方が好みです。

 

機会があったら、いつもコーヒーを淹れる時に使う水とコントレックスで飲み比べると面白いですよ!

 


 

 

akatra164.hatenablog.jp

akatra164.hatenablog.jp

akatra164.hatenablog.jp