コーヒーとはちみつと私

コーヒーとはちみつが大好きです!普段、私がコーヒーとはちみつをどんなふうに楽しんでいるかご紹介させて頂きます。

【クラフトボス ブラック飲んでみました】クラフトボス ラテが出荷停止のようですがブラックはありますね。おまけにペアリングしてみました。

クラフトボス、売れ行き好調のようですね!クラフトボス ラテは商品

供給が追いつかず出荷停止のようですね。サントリーさんだけに「品薄商法か!?」と勘ぐってしまう人も多いようですが(笑)レモンジーナの時ほど、派手なことは言ってないようですが真偽の程は私にはわかりません。

 

ただ、良くも悪くも話題になればメディアに取り上げられ宣伝効果は絶大ですね!

サントリー食品インターナショナルが16日、6月13日(火)に発売した「クラフトボス ラテ」500mlペットボトルの出荷を一時停止すると発表しました。同社では、「当初の想定を大幅に上回る販売で、今後の注文に対して安定的な供給量を確保出来ないことから、供給体制が整うまでの間、出荷を一時停止せざるを得ない状況となった」と説明しています。

netatopi.jp

 

クラフトボス ブラック

「澄みわたるコク」とキャッチコピーがついています。「200を超える工程で職人の目が光る」とも書かれています。こういうことが書かれていると飲む前から期待感が高まりますね。

飲んでみると「澄みわたる」にウソはないくらいスッキリと澄みわたっています。これを、わざわざグラスに移し替えミルクや砂糖を入れる人はいないと思います。99%の人はそのままブラックで飲むと思います。

www.suntory.co.jp

ブラックで飲むならスッキリ、さらっと飲めて飲みやすいです。「コク」の部分は弱いかな~と思います。濃度は薄いと思うのですが、そのわりにはコクがあるのかなというくらいに思いました。TDSがあったら濃度を測ってみたいです。

www.atago.net

 

その後、チビチビ飲みすすめます。500mlと、コーヒーにしては大容量ですのでこの濃度は量も考えての濃度なんだなと実感します。

 

途中から、一緒に買ったファミマの「ポテトチップス 濃いめ のり塩」を食べました。

 

クラフトボス ブラック×ポテトチップス 濃いめ のり塩

濃いめ のり塩を食べてクラフトボス ブラックを飲むと、めちゃスッキリします。キャッチコピーを借りて言うなら「さらに澄みわたります」。

コールドブリュー(水出し)コーヒーを飲んでいるのかと錯覚するような感じです。

普段、コーヒーを飲む時にポテトチップスを食べることはあまりないので新発見です!

 

商品名の通リ「濃いめ」なので、そのしっかりとした”塩”による作用が大きいのかなと思いました。

 

ここ数日の間に「塩」に関して色々な話を聞く機会がありましたので、コーヒーと塩の関係などもこれからブログにアップしていきたいと思います。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

 

【夕しぼりと朝しぼり】どっちの、はちみつがいいの?

何気なく食べている「はちみつ」。採れた花や地域などによって、見た目の色も違います。食べてみたら、甘みの強さや質も違うし酸味の質も違います。

 

そして、同じ蜜源で採れたものでも養蜂家が採蜜する時間が違うだけで全く別物となります。

 

f:id:akatra164:20170326232932j:plain

夕しぼり

夕方、働き蜂が戻っていったん巣房にため込んだ時点で養蜂家が採蜜する方法を「夕しぼり」といいます。

f:id:akatra164:20170622075924j:plain

生産効率は上がりますが、まだ内勤蜂によって濃縮作業が行われておらず、水分量が多いです。そのため、加熱処理して水分を除去する必要があります。加熱することで、はちみつの変質や変色があり、味も香りも落ちます。

 

朝しぼり

その日ではなく、翌朝まで待って採蜜する方法です。一晩寝かせている間に、働きバチは羽を震わせたりして水分を蒸発させ、はちみつを濃縮する作業を行います。

濃縮された結果、量は減りますが糖度が高まり、最高の味や香り、風味を持ったはちみつとなります。

 

f:id:akatra164:20170622080443j:plain

 

ミツバチは、昼間に花々を回って蜜を集めます。
 集められた蜜は、ミツバチの分泌する酵素と混ぜ合わされ、蜂の巣の房室に溜められます。この段階の蜜は、水分約50~60%と水の方が多い状態です。
 ミツバチたちは、房室の上方で羽をふるわせることによって、種類によっては90%もの水分を蒸発させて、ハチミツを濃縮させます。保存に適した状態にするためです。この作業が終わると、ミツバチは蜜蝋で房室にフタをします。 
 こうやって夜を越えるあたりには、ハチミツは巣房の中で熟成され、朝には濃厚な味になっています。これが完成された本来のハチミツです。

 一方、夕方に採取されたハチミツは、この過程を終えていません。
 水分が多く、そのままでは売れないので、これを人工的に飛ばして濃縮するために加熱処理を行ないます。
 加熱処理はハチミツの有効成分や栄養素を破壊して、品質を劣化させてしまいます。熟成されていない未完成なハチミツであった上に、有効成分がほとんどなくなってしまえば、ただの甘い水と大差ありません。
 これを『夕絞り』と呼びます。

 ほとんどの消費者はハチミツに甘味料を混ぜたり、加熱処理して濃縮していても気づかないため、ハチミツを大量生産している業者は『夕絞り』のハチミツに甘味料を混ぜて安く売っているのが実情です。

朝絞りと夕絞り・蜂蜜の品質の見分け方

 一晩かけて、ミツバチが頑張ってはちみつを濃縮させてくれます。養蜂家も朝早くから採蜜作業を行わなければならないので大変ですね。そんな背景を知っておくことで、はちみつを食べた時の喜びや嬉しさも増しますね。

 

もう、おわかりかと思いますが「朝しぼり」の方が間違いなくいいですね。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

 

【麻袋がなくなる日】コーヒーの麻袋・・何年かすると無くなるのかな

毎日、美味しいコーヒーを飲むことが出来るって幸せだなと思います。コーヒーの世界には「from seed to cup」(フロム・シード・トゥ・カップ)という言葉が用いられることがあります。

f:id:akatra164:20170429155321j:plain

コーヒーの種子から、最後に消費者が液体となったコーヒーを飲むところまでのどれが欠けても美味しいコーヒーを飲むことが出来ないよということです。

 

具体的には、コーヒーの木を育てる生産者。収穫されたコーヒーを精選し保管する。輸出業者や輸入業者。コーヒーの焙煎。流通。抽出など、それぞれの役割があります。

 

どれも日々進化をすると、より美味しいコーヒーを飲むことが出来るので私達消費者にとっては嬉しいことですよね!

 

私達にもっともわかりやすいところでは、抽出技術の進歩かな。日本国内でも、抽出技術を競うブリュワーズ選手権やハンドドリップ選手権が開催され、その決勝ともなるとアッと驚くような抽出方法をされる選手がいたり勉強になります。

 

抽出器具も進歩していますよね。エアロプレスであったり、ペーパードリップでもハリオV60がこの10年で大幅にシェアを伸ばしたり。

 

f:id:akatra164:20170621070054j:plain

一方、コーヒーの生産国ではどうでしょうか。コーヒーの品種改良なども行われています。そして、最近特に着目されているのが「保管」のようです。

 

コーヒーを保管するものと言えばコーヒーの「麻袋」をイメージされる方が多いのではないでしょうか。あさぶくろ、またい、ドンゴロスなどと呼ばれています。

 

ブルーマウンテンは木の樽に入っていますが、それはブルーマウンテンだけです。

 

元々、麻袋は安くて軽くて丈夫で通気性がいいということでずっと生産国で使用されてきました。

 

それが最近は、生豆がPP(ポリプロピレン)に保管され流通することが増えてきています。ポリプロピレンは麻袋と比較すると防湿性に優れています。

 

世界最大のコーヒー生産国のブラジルも、その例外ではありません。ブラジル国内でも麻袋の数が以前より減ってきていて、その麻袋が高値で取引されることが増えてきているようです。

 

コーヒーの保管条件がよくなり、より美味しいコーヒーを飲むことが出来るのはもちろん嬉しいですが、そんな話を聞くとちょっぴり寂しくもあります。

f:id:akatra164:20170621071337j:plain

 

国や地域、農園によって様々な柄がありその袋を見るだけで色んな情報がわかります。柄のデザインの豊富さもありインテリアに用いられたりバッグに加工されたり、様々な形でコーヒーの麻袋は使われています。

f:id:akatra164:20170621071850g:plain

www.kissaco.net

すぐにコーヒーの麻袋がなくなることはないと思いますが、10年後、20年後はどうなっているのでしょうか。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドンゴロス(生豆が入っていた麻袋)/コーヒーメール
価格:270円(税込、送料別) (2017/6/21時点)


 

 

 

【大人パピコ】パピコ チョココーヒー~生チョコinカフェラテ~

暑くなってくると、コンビニエンスストアに行った時無駄にアイスクリームを売っている冷凍ケースを見る、まっちゃんです。

 

今日も、暑いので冷凍ケースを見ていると少し違和感が・・・

 

よくよく見ると、見慣れているはずのパピコがなんか変!!

ググってみると、この春リニューアルしていたそうです。

今まで気づいていなかっただけでした(^^;

 

パピコは1977年に発売したそうです。

私が子供のころにもあったはずなのですが、食べた記憶は全くありません。子供のころ、私が好きだったアイスクリームは井村屋のあずきバーです。

 

私の子供が、まだ保育園に通っているころ買い物に連れて行きその時にパピコが食べたいと言い出して二人で分けて食べたのが初めてと記憶しています。

 

いい感じに甘く、パピコの独特な滑らかな食感に驚きました。期間限定のものも、よく販売されますが期間限定品では、たしか一昨年の夏に販売していたシチリアレモン味が一番のお気に入りです。

f:id:akatra164:20170621044931j:plain

 

ちょっと、話がそれましたが早速食べてみます。

 

見た目の色は、今までのパピコとほとんど変わらなさそうです。

 

食べてみると、滑らかさも変わらないです。いや、さらに滑らかになったかも。そして、カカオの風味がしっかりと感じます。ベースとなっているコ-ヒー味の中でカカオがしっかり主張し、ほろ苦さとコクを感じます。

 

従来品より、ちょっぴり”大人”味です!

 

これだと、もしかしたら保育園に通っていたころの私の子供はリピートすることはなかったかもと思います。大人向けに仕上がっていると思います。

 

私は、このリニューアルいいと思います!

www.glico.co.jp

 

また、グリコのサイトで「パピコ ドッキリ企画」~もしもパピコを高級スイーツと言って食べてもらったら~というのが動画で紹介されています。

papico.glico.jp

面白いですね~!

 

それなりの器に、センスよく盛り付けて出されたら私は間違いなく高級スイーツと騙されると思います!

 

このパピコの食感の滑らかさと、カカオの風味の良さは今までの私の経験では100円ちょっとで味わえるものではないと思います。

 

パピコがある時代に生まれて良かったです。

 

パピコのサイトにある試食レポの紹介をしておきます。私の試食した感想より、ずっとわかりやすいと思います(笑)

 

パピコ<チョココーヒー>といえば、パピコの定番中の定番、パピコの代名詞とも言えるみなさまにもおなじみの商品ですが、なんと!この春、さらにおいしくなって登場したんです!!

リニューアル発売されてから少々、時間が経っておりますので、もうすでにお召し上がりになっている方もいらっしゃるかとは思いますが…ここ最近の初夏の陽気に、パピコ熱がむくむくと起き上がってきたボクが、まだ体験されていない方に、その新たなおいしさをお伝えさせていただこう!と、遅ればせながら紹介させていただきます(笑)♪

早速いつものようにふたを取り、ちゅ~っと吸い出してみると…う~ん!これは確かにチョコ感&コーヒーの風味がアップしてますね~!

チョコ感が増したことで、より濃厚でコクのある味わいに、そしてコーヒーの風味がアップしたことで、その濃厚さを、ほろ苦甘くキレのある後口へと仕上げ、ちょっぴり大人テイストな深みのあるおいしさを楽しませてくる感じ。。。

そして、パピコ<チョココーヒー>のもうひとつの最大の特徴、食感にも磨きがかかり、舌ざわり&のどごしもますます上質&なめらか♪

この濃密&ビターな、すっきりとした味わい&冷たくなめらかな食感は、パピコファンならずとも納得&大満足いただけること請け合いですよ~!

ということでみなさんも、このパピコ<チョココーヒー>の、さらに濃厚&風味豊かになった、まさにこれからの時季にぴったりの冷たくなめらかなおいしさを、ぜひぜひ一度、ご賞味くださいませ♪

glico-club.net

 最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

【アイリッシュコーヒー飲んでみました】コーヒーのカクテルで、ちょっと大人気分

以前、ブログで書いた「終電やばい 居酒屋でコーヒーが恋しくなったら」。居酒屋でアルコールを飲んでいる時、ふとコーヒーが飲みたくなった。帰りにカフェで美味しいコーヒーを飲んでみたくなったが、終電に間に合わなくなる。そんな時に居酒屋で頼みたいものとして、カルーアミルクとコーヒー焼酎を紹介しました。 

 

akatra164.hatenablog.jp

 

今回は、もっとスマートな飲み物「アイリッシュコーヒー」の紹介です。

 

アイリッシュコーヒー・・・実は、20年程前に1度飲んだきりでした。その時、正直あまり美味しくないなと思ったので、その後飲む機会もなくきました。

 

そんな時、いつも参加させて頂いている「文房具朝食会@名古屋」の夜会が名古屋駅近くの「No Detail is Small」(デザインは細部に宿る)というお店で開催されました。

 

こちらは、2階部分は建築事務所で1階はスペシャルティコーヒーを飲むこととオリジナルノートが作れる素敵なお店です。

nodetailissmall.com

オシャレな空間で夜会が開催されています!

 

美味しい、お料理とビールでみんな盛り上がっています。会もそろそろ終わりが近づく頃、お店のオーナーの矢田さんが「アイリッシュコーヒー飲まれる方~?」と聞かれました。

 

いい感じに酔もまわっていた私も手を上げました。

 

矢田さんが、私の後方でミルを挽いている音など聞こえてきます。

もう少しで20年ぶりのアイリッシュコーヒーだと期待が高まります。20代の時の自分と飲んだ時の感じ方はどう変わるのか・・・楽しみです。

 

その前にアイリッシュコーヒーに関して書いてみます。

 

アイリッシュコーヒーとは?

f:id:akatra164:20170618145352j:plain

アイリッシュコーヒーとは、実はカクテルのこと

アイリッシュコーヒー。名前はコーヒーですが、実はカクテルの一種なのです。では、なぜこのような名前になったのでしょう?

名前の由来

アイリッシュコーヒーは、直訳すると「アイルランド人のコーヒー」。アイリッシュと名の付く通り、アイルランド生まれのカクテルなのです。

歴史や起源

アイリッシュコーヒーが誕生したのは1943年のこと。アイルランドの西にあった推定飛行場で産声をあげました。当時のアイルランドを含めた大西洋の航路は、主に飛行艇と呼ばれる、水上に胴体着陸する大型の水上飛行機を利用していました。

今に比べれば飛行機の航続距離は短く、給油のために途中着陸する必要があったのです。そのたびに乗客は飛行艇から降ろされ、水上をボートで移動して待合室へいく必要がありました。極寒の季節に外に出される乗客は凍えながら、待合室の中にあるラウンジへと急ぎます。

こういった光景は毎シーズン繰り返され、これを見ていたラウンジのシェフであったジョセフ・シェリダンが、乗客が温まるドリンクを考案し、アイリッシュコーヒーが生まれたのです。このアイリッシュコーヒーは、給油地点に立ち寄るアメリカ、イギリスなど様々な国の乗客によって各国に伝わり、今では世界で飲まれている人気ホットカクテルとなっています。
 

どんな味なの?

アイリッシュコーヒーのベースは熱いコーヒーとウィスキー。そこに砂糖と生クリームが入ります。コーヒーの苦みとウイスキーの芳醇な香り、そして砂糖の甘みがマッチします。飲みやすいのが特徴のカクテルです。

 誕生したのは1943年と、思っていたより最近なのですね。確かに、飲んだら温まりそうです。

 

それでは、お待ちかねのアイリッシュコーヒーの登場です!

口を、そっと近づけるとウイスキーの香りがふわっと鼻腔内に入り込んできます。

これは、飲んだら一気に酔いが周ってきそうですが、すでにこの時点で酔が周っていたので^^;

 

飲んでみると・・・コーヒーの中にしっかりとウイスキーが存在しています。生クリームがまろやかにしてくれています。これは、冬に飲みに行った時体を温め店を出る時のシメに欲しいです。

 

20代の時の自分が苦手に感じたのは、わかるかな~。40代になった今飲んでみると、これはこれで美味しいなと思うことが出来ました!ちょっと大人気分が味わえます。

 

若い人が、ちょっと背伸びをして飲んでみるのもいいかも。

 

この日を境に、私の中でアイリッシュコーヒーは「アリ」になりました。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

 

【温度による甘さの感じ方】コーヒーとはちみつの甘さ

甘いものを食べたり、飲んだりすると幸せな気分になります。当然、糖を摂取し過ぎると血糖値が上がり脂肪として溜め込んでしまうので注意が必要です。ただ、脳の唯一の栄養はブドウ糖だと聞くと、それを言い訳に使い甘いものを食べる自分がいるので気をつけないといけないです。

 

  1. 缶コーヒー(砂糖入り)
  2. ドリップコーヒー
  3. はちみつ

この3つの甘さと温度について考えてみます。

 

缶コーヒー(砂糖入り)

f:id:akatra164:20170618134859j:plain

砂糖の入った甘い缶コーヒー。私は、ジョージアエメラルドマウンテンが好きですがホットで飲んだ時とアイスで飲んだ時とで「甘さ」の感じ方に変化があります。

 

同じものを、温かい状態と冷たい状態のものとで飲み比べるとよくわかりますが、温かい方が、より甘ったるく感じます。

 

これは砂糖(ショ糖)は、温かい方がより甘味を感じやすくなるからです。缶コーヒーの甘さは砂糖によるものですのでホットの方が甘く感じるわけです。

 

ドリップコーヒー(ホット)

f:id:akatra164:20170416215331j:plain

ドリップコーヒーでは、甘さの感じ方はどうでしょうか?

 

熟度の高い豆で抽出すると、コーヒーが持つ甘味を感じられると思います。コーヒーの生豆にショ糖は含まれていますが、元々含まれているショ糖は焙煎時に化学変化を起こしほぼ消失します。

 

焙煎後の豆にもショ糖は含まれていますが、そのショ糖は焙煎において化学変化を起こし新たに出来たものです。

 

コーヒーの持つ甘味はこのショ糖とそれ以外の成分によって成り立っています。

 

ドリップしてすぐにコーヒーを飲んで甘味を感じられるものも、もちろんありますが最も甘味を感じるのは少し冷めてからです。

温度で言うと40~45℃くらいで、コーヒーの甘味が私の感覚としては最も感じられます。

 

はちみつ

f:id:akatra164:20170420122434g:plain

一方、はちみつの甘さはブドウ糖グルコース)と果糖(フルクトース)によるものです。花蜜はショ糖を含んでいますが働きバチの体内を通リ酵素の働きでブドウ糖と果糖に分解されます。

 

ショ糖は多糖類ですが、ブドウ糖と果糖は単糖類です。ショ糖は温度が高い方が甘さを感じやすいのですが、単糖類は温度が低い方が甘さを感じやすい性質があります。

 

最近のカフェでは、自分ではちみつを入れられるところも増えています。ホットのカフェオレとアイスのカフェオレに同じ量のはちみつを入れ、よく混ぜて飲んでみるとアイスの方がはちみつの甘さをしっかり感じられるはずです。

 

同じ甘味でも、かたやホットの方が甘さを強く感じたり、ホットの方が甘さを強く感じたり・・・面白いですね!

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

 

【夏バテ予防にはコレ】ひまわりはちみつ(フランス産)

梅雨に入り、蒸し暑い日が増えて来ました。これから、もっともっと暑くなると思うとゾッとしますね^^;

 

私は「食欲不振」になることは、ほとんどないです。が、毎年夏になると私の周りには夏バテして昼ごはんを抜いていたりする人を見かけます。そんな人にピッタリなはちみつがあります!

 

f:id:akatra164:20170618112707j:plain

朝顔と並んで、夏を象徴する花「ひまわり」の、はちみつです!

 

ひまわりはちみつの特徴

見てわかる通り、圧倒的に大きいひまわりの花。その大きな花にミツバチが蜜を求めて飛び込んで行きます。大きな花に飛び込んで行くので、ミツバチの体にたくさんの花粉が付着します。だから、ひまわりのはちみつには他のはちみつに比べ花粉がたくさん入っています。

 

ひまわりはちみつはまさにひまわりの花のような濃くて鮮やかな黄色をしています。これはミツバチが蜜と一緒にひまわりの花粉を体に付けて持って帰ってくるためです。花粉にはタンパク質や鉄分などの栄養素が豊富に含まれているので、花粉を含んだはちみつも栄養価が高くなります。

味はまろやかな甘味がありほど良い酸味が特徴的です。

他のはちみつと比べて利尿作用や解熱作用、消化促進作用があると言われています。

xn--gck5clp6i0f.net

 花粉が多く含まれるはちみつを食べると、鉄分やタンパク質を豊富に摂取することが出来ます。

 

ひまわりのはちみつには、他のはちみつに比べ消化を促進する作用があると言われています。食欲が落ちやすい、暑い夏にピッタリですね。ひまわりのはちみつを食べて消化を助け、夏バテ防止に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

夏を象徴する「ひまわり」のはちみつが、夏バテ防止にいいって言うのはわかる気がしますね!ひまわりの花は、見ているだけでも元気が湧いてきますよね。

 

ひまわりのはちみつ(フランス産)

本格的に、暑くなる前にひまわりのはちみつを買ってみました。今まで、ひまわりのはちみつを食べた記憶はありません。

 

あの大きさと、その色からクセが強そうなイメージを勝手に持っていますがどうでしょう。

アンバーな色と結晶した部分が、なんとも言えない混ざり方をしています。

 

食べてみると、優しい甘さです。独特な風味を少し感じますがクセは思っていたほどなく意外と食べやすいです。それでいて、しっかりした個性を持っています。

 

粘土がしっかりあるかなと思ったのですが、スプーンですくってみると思ったよりサラッとしています。口の中に入れてもサラッとした口当たりです。

 

バケットやチーズに合わせやすそうな感じです。チーズならチェダーがいいかな。

 

冷たいドリンクに、このはちみつを使うといいアクセントになってくれそうです。

これから、色々試してみたいです。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。