読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒーとはちみつと私

コーヒーとはちみつが大好きです!普段、私がコーヒーとはちみつをどんなふうに楽しんでいるかご紹介させて頂きます。

はちみつの国際規格 コーデックス規格とは

はちみつ

f:id:akatra164:20170329101929j:plain

昨日は少々センセーショナルなタイトル「はちみつ後進国」と題し日本のはちみつの規格について書いてみました。今日は国際規格である「コーデックス規格」について書いてみます。

 

 

コーデックス規格については、はちみつマイスター協会のホームページにまとめられています。

唯一の国際的な食品規格 Codex Alimentarius Commission(CAC)|はちみつマイスター / Honey Meister

 

Codex規格によるはちみつ

 

コーデックスのはちみつの「定義」に、ミツバチが集めていいものとして、

・花の蜜、

・植物の生きている部位の分泌物、

・植物の生きた部位からの分泌物を吸った昆虫の分泌物

この3つが書かれているだけです。日本の規格と較べるとわかりやすいですね。

①花の蜜

②樹液

③樹液を吸った昆虫の分泌物

です。

 

①を「花はちみつ」と分類し、②③を「甘露はちみつ」と定義しています。

 

さらに「必須成分と品質要件」の項目は以下のように記載されています。

・いかなる食品原材料(食品添加物を含む)も加えられてはならない

・はちみつ以外のものが加えられてはならない

・加工中・保存中に外部因子による汚染、異臭、異物混入があってはならない

・発酵および気泡の発生が始まっていてはならない

・混入した有機物、非有機物を取り除くためにやむを得ない場合を除き、花粉やはちみつ固有の成分を取り除いてはならない

 

当然、加工したものやはちみつ以外のものを加えたものはだめですね。

最後の文「混入した有機物、非有機物を取り除くためにやむを得ない場合を除き、花粉やはちみつ固有の成分を取り除いてはならない」。濾過するフィルターのメッシュが細かすぎたら花粉なども取り除かれてしまいますね。

 

以前、イタリアのレモンで有名なシチリア島産の無濾過はちみつを買いました。レモンのはちみつですが白く結晶しているものです。ほんのりレモンらしい酸味が感じられ爽やかでお気に入りでした。よく見ると黒っぽいものがポツポツとありましたが、それが花粉です。そして、黒く細長いものが入っていました。何だと思います?ミツバチの足でした。

無濾過だと、当然そういったものも入っています。入っていたからこそ、本当に無濾過だと信用も出来ます。無濾過であれば、はちみつ固有の成分が存分に入っているのできっと体にいいものがいっぱい取れるでしょう。

(このはちみつは全部食べてしまっているので写真はないです。)

 

コーデックス規格に準拠したはちみつは純粋なはちみつだけだとわかって頂けたでしょうか。ずいぶんと日本の規格よりわかりやすいですよね。


 


 

 

Mielizia(ミエリツィア) イタリア産オレンジの有機ハチミツ(純粋) 400g

Mielizia(ミエリツィア) イタリア産オレンジの有機ハチミツ(純粋) 400g

 

 

 

 

akatra164.hatenablog.jp

 

akatra164.hatenablog.jp

akatra164.hatenablog.jp

 

【はちみつ後進国!?】日本のはちみつの規格

はちみつ

f:id:akatra164:20170326232932j:plain

私は、はちみつが大好きなのでこんなブログを書いています。特に国産のはちみつ好きです。食べるとホッとするというか安心感があります。ニホンミツバチの百花蜜を採蜜した季節がことなるものや、地域が違うもので食べ比べることが出来たら・・・と妄想すると生ツバが出てきます。

 

でも、そんな日本のはちみつが海外ではあまり人気がないという話を聞きました。海外ではクセの強いはちみつが好まれると聞いたことがあります。反対に日本では一般的にクセの少ないアッサリしたものが好まれると言われています。そのあたりに要因がるかと思いますが、それだけでしょうか?

 

実は日本と外国では、はちみつの定義が異なります。海外ではコーデックス規格という国際規格を導入している国が多いです。

 

日本のはちみつの規格

対して日本は社団法人・全国はちみつ公正取引協議会が「はちみつ類の表示に関する公正競争規約」を定め、これを公正取引委員会が認可することになっています。この規約において「はちみつ」とはミツバチが植物の花蜜(かみつ)を採集し、巣房に貯え熟成した天然の甘味物質であって、別表に定める性状を有したものと定めています。

 

はちみつの性状について「はちみつは、淡黄色ないし暗褐色のシロップ状の液で、特有の香味があり結晶を生じることがあるものである」としています。

 

しかし、全国はちみつ公正取引協議会が定めているのは「はちみつ類」についてであって「はちみつ」の規定ではないです。加工したり、添加物を加えた「精製はちみつ」「加糖はちみつ」なども純粋な「はちみつ」と同列に扱い「はちみつ類」の中に分類しています。

はちみつの組成基準

  成分 はちみつの組成基準 水分 (於 20℃)21%以下(屈折糖度計 78°以上) ただし第 4 条第 1 項第 2 号に規定する国産はちみつにあっ ては、水分 23%以下(屈折糖度計 76°以上)とする。 直接還元糖 65%以上 見かけのショ糖 5%以下(※①) 灰分 04%以下 H.M.F. 5mg/100g 以下 酸度(遊離酸) 100g につき 1N アルカリ 4ml 以下 澱粉デキストリン 陰性反応(※②) ※①5%超は、花蜜が熟成していない間に採蜜したか、ショ糖液を混入した恐れあり。 ※②陽性反応は、水飴等の混入の疑いがある。

 

わかりましたか?わかりにくいでしょ。

加工したり添加物を加えたものが、純粋なはちみつと同列になっている曖昧さ。それと規格のわかりにくさも一因かもしれませんね。

 

日本もコーデックス規格に則って、日本のはちみつを海外の人にもっと食べてもらえたらと思いますが、恐らくいろんなしがらみや利権が絡み合い難しいのでしょうね。

 


 

 

 

信州産・国産純粋蜂蜜(百花蜜) 1200g入り

信州産・国産純粋蜂蜜(百花蜜) 1200g入り

 

 

 

akatra164.hatenablog.jp

akatra164.hatenablog.jp

akatra164.hatenablog.jp

 

【コメダ珈琲店を想う】Mr.デンジャー松永光広氏の「人生の壁を破る50の反則」を読んで

カフェ

f:id:akatra164:20170326171231j:plain

 

小学生の時、佐山聡さんのタイガマスクが新日本プロレスのマットで活躍していました。当然、私もタイガーマスクの空中殺法に魅了されプロレスにはまりました。

 

当時はプロレスを観るのが何よりも楽しかったです。好きになった時は、新日本プロレス全日本プロレス国際プロレスくらいでしたが、その後他団体が増えていきました。

 

W★INGFMWは様々なデスマッチを催し他とは一線を画していました。FMW大仁田厚は全日本時代チャボ・ゲレロに勝利しNWAインター王座を奪取した時腹いせにトロフィーで殴られ大流血になっていたのは子供ながら鮮明に覚えています。そんなチャボ・ゲレロも先月亡くなったそうです。

ご冥福をお祈りします。

チャボ・ゲレロさん死去 大仁田「俺のプロレス人生を変えてくれた人」

 

さて、話はそれましたがそんなデスマッチも次から次に新しいものが出てきました。

ファンも新しいもの、さらに激しいものを望んでいたのでしょう。その新しく生まれるデスマッチのかなりの部分を考案していたのがミスター・デンジャーと呼ばれる松永光弘氏です。現在は「ミスター・デンジャー」というステーキ店を経営しながらリングにあがることもあります。

実業家として成功されている松永氏の本を読んでコメダ珈琲店の店舗拡大について考えてみました。

 

人生の壁を破る50の反則

そんな松永光弘氏の著書「人生の壁を破る50の反則」を読んでみました。様々な苦難があったが数々の」反則を駆使してそのピンチを切り抜けてきたそうです。

プロレスラー時代から、しっかりと第二の人生のビジョンを描いて計画していたそうです。

 

本に書かれているのは、とにかくオリジナリティーを磨け。プロレスラー時代も、その想いでオリジナルのデスマッチを考えられていたそうです。そして既成概念にとらわれず原価率を上げろ。思い立ったら、すぐに行動にうつせ・・・などなど。

 

中学生の時、夏休みの自由研究で「ギネスブックに挑戦」という企画をたてたエピソードが紹介されていました。腕立て伏せは4万6千回など到底中学生では遠く及ばなかったと発表した最後に「あと1回でギネス記録に並んだ種目があります。」と言うとみんな静まり返った。それは縄跳びの六重跳びでギネス記録は1回だが、自分は0回でしたというもの。

まずは、挑戦してみるということと隅々までよく調べてみることの大切さを現したエピソードですね。

 

コメダ珈琲店

そんな松永氏も、わが愛知県の出身ということでこの本になぞらえて同じく愛知県発のコメダ珈琲店について考えてみました。

ウィキペディアでは2016年の2月末時点で676店舗だそうです。この5年ほどは全国に一気に店舗を拡大していき全国区となりました。コメダ珈琲店がこれだけ店舗を増やすことが出来た理由は色々とあるでしょうが、松永氏の本に書かれているたことを頭に入れつつ私なりに考えてみました。

モーニングサービス

午前中にコーヒーを飲みに行くと、そのコーヒーの価格だけでトーストやゆで卵が付いて来るモーニングサービス。愛知県では当たり前ですが、他の地域にいけばまさにオリジナリティに溢れたサービスですね。パンとゆで卵を販売価格を変えずに付けるので原価率は当然上がります。来店するお客様はドリンク価格のみで、これらが付いて来るので大満足ですね。

 

シロノワール

そしてコメダの看板メニュー「シロノワール」はデニッシュ生地の丸いパンを温めその上にたっぷりとソフトクリームをのせる。そしてメープルシロップを垂らすというものですがオリジナル商品ですね。パンの温かさとソフトクリームの冷たさが口の中で相まみえるのはたまらないですね~!

 

駐車場

コメダの店舗は郊外型店舗が多く、それらの店舗は十分な台数の駐車台数を確保しています。さらにスゴイのは店舗設計をする際に店舗の場所から決めるのではなく、その場所でどの位置に車の出入り口をつくれば一番来るまでの出入りがストレスなく出来るかから考えるそうです。目に見えない部分ですが”お客様のため”を思っていますね。

 

椅子・テーブル

椅子やテーブルの高さ。椅子のクッションの具合なども長時間座っていても、お客様が疲れにくいものをと考えて導入していると聞いたことがあります。

 

店舗外観と看板

パッと見てコメダだとわかりやすい看板と店舗の外観。その近くに住む人や、道路を行き来する人にはコメダだとみんながわかります。それに駐車場の台数も十分あるので、何かで集まろうとなったときに「じゃあ、コメダにしようか」となることは多分にあると思います。長居しやすいですし。

 

名古屋では当たり前のコメダも、他の地域に出ることでそこには今までなかったようなオリジナルに溢れた店舗と受け取ってもらえそうですよね。

他にも色んな理由はあると思いますが「モーニング文化」が他の地域に広まることは愛知県民としては嬉しいです。

 

コメダが近くに出来た喫茶店の方は大変かと思いますが。

その時は、毒をもって毒を制すじゃないですがコメダ以上にオリジナリティとお客様の目線にたったサービスでピンチをチャンスに変えて欲しいです。

 

 

 

人生の壁を破る50の反則

人生の壁を破る50の反則

 

 

  

 

akatra164.hatenablog.jp

akatra164.hatenablog.jp

akatra164.hatenablog.jp

 

 

クロワッサンたい焼き×コーヒー

コーヒー×○○ コーヒー スイーツ コーヒー×はちみつ

 一昨年あたり「ハイブリッドフード」なるものが、よく話題になっていましたね。何かと何かの食べ物を掛け合わせた、まさしくハイブリッドです。クロワッサンとドーナッツを合わせたクロナッツなんか、すごい人気でした。

matome.naver.jp

 

最近、あまり聞かないかなと思っていたらハイブリッドフードをいただきました。クロワッサンとたい焼きをあわせた「クロワッサンたい焼き」。そのまんまです。

www.croissant-taiyaki.com

 

甘いものに目がないので、一気に食べ写真を撮るのを忘れていました。さらに、コーヒーもなかったのでここでようやくコーヒーを淹れました。コーヒーカケザニスト失格ですね(^^;

 

あんとクリームの2種類がありました。クロワッサン生地のたい焼き、うまいですよ!生地の表面にはザラメがいっぱいまとわりついています。ザラメがいっぱいついたカステラが好きな人は絶対気に入ると思います。甘党には、たまらないですよ~。

 

ザラメがいっぱいついて、結構甘いのでビターなコーヒーがいいなと思いフルシティくらいの深めの焙煎度のコーヒーを淹れて飲みました。コーヒーの写真は、これまた撮り忘れましたが。

 

これは、大正解!!まさしく、お口直しのコーヒーです。コーヒーの苦みで甘さを中和し、再びクロワッサンたい焼きを食べると、またまた甘~い幸せが押し寄せてきます。

 

この組み合わせは危険です。デブまっしぐらです。クロワッサンたい焼きが、残りわずかだったので良かったですが、大量にあったら当分食べ続けていたでしょう。

 

手元にはちみつがなかったのですが、酸味の強いはちみつをかけて食べたらウマイだろうなと思いました。グアテマラ産のコーヒーのはちみつは、小麦粉と相性がいいししっかり酸味があるから、きっと合うと思います。

 

 


 


 

 

akatra164.hatenablog.jp

akatra164.hatenablog.jp

akatra164.hatenablog.jp

 

【エコなコーヒー!?】アメリカでも人気の”カスカラ”

コーヒー コーヒー×はちみつ

「エコ」という言葉が使われるようになって久しいですね。私も、ある意味エコな人間です。全然、瘦せません(^^; エネルギーの消費量を抑えたエコな人間です。

 

コーヒーで「エコ」って、なんだと思いますか?エチオピアとコロンビアのブレンドを略して「エコ」(笑)それはそれで「エコ・ブレンド」というのもいいかもしれませんね。

エコなコーヒーとは「カスカラ」のことです。

 

カスカラって?

コーヒー豆以外の果肉や皮の部分を天日で乾燥させたものです。コーヒーの豆以外の部分って、元々捨てられていた部分なので実にエコですよね。実は、このカスカラを少しいただいたのです。

「カスカラを貸すから」とは言われなかったので返す必要はないです。

この干からびたのが「カスカラ」です。

コーヒーと比較するとカフェインが、かなり少なくポリフェノールが豊富で抗酸化作用が高いそうです。ということは、女性が好みそうですね。

ブルーボトルコーヒーでもカスカラフィズを提供されているので、認知度も上がっているかなと思います。

 私も飲みましたが美味しいですよ!ローズヒップティーを甘くして炭酸で割ったような感じです。

mi-journey.jp

 

このカスカラをフレンチプレスで抽出して、最初はホットで飲んだらレモンティのような感じでかなり酸味が強いです。私は酸っぱいのが好きなのでいいのですが。

 

その後、濃い目に抽出したものを冷やして炭酸で割りアカシアはちみつを入れてブルーボトルのカスカラフィズっぽく作ってみました。これは、これで美味しいのですが比べるとブルーボトルの方が美味しいです。なかったので出来ませんでしたが、レモンやカボスなどの柑橘系の果汁を足すとさらに美味しくなったと思います。

 

 

抽出方法はフレンチプレスが一般的なようです。

www.nozycoffee.jp

コーヒーが苦手な人でも飲めると思います。提供するカフェが増えるといいなと思います。

 


 

 

 

akatra164.hatenablog.jp

akatra164.hatenablog.jp

akatra164.hatenablog.jp

 

【ゆる~いカフェ】コジマトペさんに行って来ました~ラスク×マンデリン~

コーヒー カフェ コーヒー×○○

以前から”愛知の文具王”猪口フミヒロさんのフェイスブックで拝見していたカフェ「コジマトペ」さんに行って来ました。

しかも、スペシャルなことにフミヒロさんにご案内していただきました!

fumihiro1192.hatenablog.com

 

コジマトペとは

愛知県岡崎市にあるサイフォンとおいしいごはんのお店です。

www.kojimatope.com

コーヒーも、珍しいスペシャルティコーヒーを提供していると思ったら京都の人気店サーカスコーヒーさんのコーヒーを扱われていました。

京都北山の自家焙煎珈琲豆販売 | サーカスコーヒー

 

ランチも美味しくて人気があると聞いていたのですが、

しっかりお昼ごはんを食べてから訪れましたのでコーヒーのみオーダーしました。

おすすめの「スマトラ マンデリン ブルーリントン」というものを頼みました。

スマトラ マンデリン ブルーリントン 〜トバ湖にたたずむ神秘の森~ | サーカスコーヒー

 

おつまみにラスクが付いてきました。フミヒロさん仕様なのか特別なカップで出していただきました。飲んでみると焙煎は深めのようでビターで、マンデリンらしく酸味は控えめ。少し温度が下がると甘みもしっかり感じられました。

甘すぎないラスクを食べてコーヒーをいただきます。お互いが邪魔しないです。ラスクは甘さの中に、わずかに塩味を感じます。マンデリンのコクと相互に補ってバランスがいいです。

 

コーヒーの余韻に浸っていると、フミヒロさんは昨年京都に行きサーカスコーヒーさんに行ってきたと告白されました。私もサーカスコーヒーさんに行ってみたくなりました。

 

コジマトペさんは、マスターのほんわかしたゆるさ。ゆったりとした店内空間で時間の流れも、ゆる~く感じられました。フミヒロさんが通うのも納得でした。

raygass.blog4.fc2.com

 

 

 


 

 

akatra164.hatenablog.jp

akatra164.hatenablog.jp

akatra164.hatenablog.jp

 

【お出かけのお供に】大好きなハチミツを、いつも食べたい!!

少しずつ暖かくなりこれからお花見など出かける機会も増えてきそうですね。お花見やバーベキューなど、いいですね。歓送迎会の多い時期なので飲酒の機会も増えそうです。

 

わたしは、ハチミツが好きなので出かける時にハチミツを持って出かけることがあります。カフェで美味しいコーヒーを飲んだ時など、一緒に好きなハチミツも欲しくなってしまうので。そこで、お出かけに最適な機動力抜群のハチミツをご紹介したいと思います!

 

アルバメーズ アカシアはちみつPET

ハンガリーは、アカシアはちみつの一大産地です。アカシアのはちみつはクセが少なく、はちみつが苦手な方でも食べやすいです。日本人に、よく好まれます。

当然、産地によって風味が変わりますがハンガリーのアカシアはちみつは特にクセが少なくあっさりしています。

mitsuifoods.co.jp

 

250gと持ち運ぶには少し大きいのですが、なぜこのはちみつがお出かけのお供に最適なのか?

 

それは、ここに秘密があります。

この”口”の部分です。外の出かけてはちみつを食べても、はちみつが垂れて服にべったり付いたりしたらちょっとガッカリしますよね。この”口”の部分は、はちみつを止めたら、しっかりキレますのでほぼ垂れません。

 

しっかり容器を押して、はちみつを出し力を緩めると見事にはちみつがキレます!

これが、私がオススメする理由です!

 

アルコールにはちみつ

特に、お花見や歓送迎会でお酒の席が増えるこの時期にオススメしたいです。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、はちみつを摂取することでアルコールの分解速度が早まるそうです。私も、お酒は好きですがそんなに強くないので宴会の前にはこっそりはちみつを食べて臨みます。以前、酒を飲みながら1時間に1度ずつはちみつを舐めてみたことがあるのですが私にしては珍しいくらい飲むことが出来ました。気の持ちようかもしれませんが(^^;

hangover.nanapipi.com

 

美味しいはちみつを食べて、二日酔い知らずになれるならいいと思いませんか!

これを鞄に忍ばせておけば急な酒席にも安心ですね!

とは言え、飲み過ぎにはご注意下さい。

 

 

akatra164.hatenablog.jp

akatra164.hatenablog.jp

akatra164.hatenablog.jp